ワーホリで英語力を上げる5つの方法とスピーキング力を高める3つのポイント

ワーホリ
スポンサーリンク

せっかくワーホリに来たら英語が話せるようになりたい!」と思う人は多いですよね。

海外で生活するだけではなく、レベルアップした英語力を身に付けて帰国できたら嬉しいですよね。

でも、海外に住んでいるだけで英語力を上げるのは難しい

語学学校に通っても、できる友達は日本人ばかり。
日本食レストランで働き、お客さんは海外の人だけど、スタッフは日本人。
英語を使わなくてもなんとかなってしまう環境。

そうなると、なかなか英語力を上げることは難しいですよね。

そこで、今回はワーホリで英語力を上げる方法や特にスピーキング力を高めるポイントを紹介していきます。

スポンサーリンク

ワーホリで英語力を上げる5つの方法

1、いろいろな人と話す

まずはいろいろな人と英語でコミュニケーションを取ることから始めましょう!

ちなみに私がワーホリで渡航したカナダの人たちはとてもフレンドリー!
初対面の人にも気さくに話しかけてくれます。

話しかけられた時には、大チャンス!
ぜひ自分からも話を振ってみてください。

今日寒いね
そのピアスすてきだね

というような、いわゆる世間話でいいのです。
難しいトピックや単語を使わなくてもできるような内容で大丈夫!

ただし…

どこに住んでいるの?
なんの仕事をしているの?

といった個人的な質問は避けるのがベターです。

しばらく話をして、仲良くなってからだったらまだセーフですが、バス停で会った人に急に「どこに住んでいるの?」と聞かれたら、日本でも怖いですよね。

特に、女性は防犯上、むやみに自分の住んいる場所を言うのはやめましょう。
犯罪に巻き込まれるリスクを自分で上げてしまうことになります!

2、街ぶらり旅をする

2つ目は街ぶらり旅をすること。

街中を歩いているだけで、いろいろな英語に触れることができます。
ぜひ、自分が暮らしている街の”街ぶらり旅”をしてみてください。

スーパーに日用品の買い出しに行くとか、ちょっと近くの公園まで散歩に行くとかその程度でいいのです。

家にこもっているだけでは英語力は上がりません。
まずは外に出てみましょう!

外に出てみると、いろいろな所から英語が入ってきますよ!

<目から入ってくる英語>

・工事現場の貼り紙
・街中の広告
・カフェやレストランのメニュー表など

<耳から入ってくる英語>

・バスや電車のアナウンス
・スーパーやカフェなどのスタッフの声
・街中でおしゃべりをしている人たちの声

<自分が発する英語>

・飲食店で注文する時
・買い物をする時
・バスの運転手さんへの挨拶
・たまたま出会った人との何気ない会話

私がカナダワーホリ中に気づいたのは、実は英語を学ぶチャンスってどこにでもあるということです。

例えば、バスに乗っている時に、車内表示で知らない単語を見つけたのでそのままグーグル先生!

そういう単語って意外としっかり記憶に残っていて、単語帳で見て”覚えた気”になるより確実に知識として積み重なっていました

3、テレビのニュース番組を見る

3つ目は、現地のテレビ、ニュース番組を見ること。

ホームステイ先やシェアハウスにテレビがあれば、ぜひ現地のテレビでどんな番組が放送しているのかチェックしてみてください!

できればニュース番組だと、リアルタイムで現地で起きていることや人々の関心事なども知れるのでおすすめですが、子ども向けのアニメ番組でも、バラエティーでもジャンルはなんでもいいと思います。

せっかく、海外のテレビ番組を見られる環境にいるからには、見ない方がもったいない

番組の合間に流れるCMを見ていても、日本と違う切り口で広告されているので、商品問わずとても興味深いです。

4、NetflixやYouTubeなどをフル活用する

4つ目は、NetflixやYouTubeなどをフル活用すること。

テレビよりも動画配信サービスの方が気楽にいつでも好きな時に好きな番組が見られるので、おすすめかもしれません。

カナダと日本のNetflixでは、配信しているコンテンツがそれぞれちがうのもポイントです

少し前に話題になったのだと、2020年6月から日本のNetflixでは公開していないジブリ作品20作がカナダで視聴できるようになったこと

ぜひ、日本のNetflixでも観られるようにして欲しいですね。

5、テキストや英語学習サイトなどで勉強する

5つ目は、テキストや英語学習サイトなどで勉強すること。

アナログに感じる勉強も、英語力を上げるためには必要です
それは、日本でもワーホリ渡航先でも同じ。

地味に見えますが、地道な勉強をコツコツ続けて身に付く英語力があります。

また、カナダの図書館では、英語を勉強する人のための参考書やテキストなどの貸し出しも行っていました。

日本の参考書は、英語を日本語で解説していますが、カナダの図書館にあるものは、英語を英語で解説しているので、より英語の理解を深めることができますよ

スピーキング力を上げたい時のポイント

英語力”と言っても、英語力の中には読む書く聞く話すの四技能が含まれていますよね

その中でもカナダで暮らしているからこそ伸ばせる部分、スピーキング(話す)力を高めたいという人、多いですよね。

そんなスピーキング力を上げたい時に頭の片隅に入れて欲しいポイントを紹介します。

ネイティブスピーカーにこだわらない

スピーキング力を上げるためには、ネイティブスピーカーとしっかり話さなきゃ」と考える人、多いのではないでしょうか。

英語を母語にするネイティブスピーカーとのコミュニケーションでは、訛りのないきれいな発音や、自然な英語表現を学べるメリットがあります

ネイティブスピーカーと話すには、友達になるのが一番!
と思いますが、ネイティブスピーカーと友達になれる機会は少ないのが現実です。

もちろん、出会えるチャンスもありますが、”友達になれるか”は別問題でしょう。

でも、スピーキング力を上げるためにネイティブスピーカーと友達になるって、そもそもが違う気がしませんか

これって「自分のメリットのために友達になりたい」とも受け取れますよね。

そんな理由で友達になろうと言われるネイティブスピーカーの気持ちも複雑です。

私の職場の同僚(ネイティブスピーカー)は「英語を勉強したいから友達になりたいって言われことが多いんだけど、その度に『またか』ってがっかりするんだよね」と話していました。

ネイティブスピーカーにこだわり過ぎないことは、カナダで人間関係を築くうえでも大きなポイントでしょう

いろいろな国から来た人とかかわる

カナダは多民族国家で、いろいろな国からカナダへ移住した人が多くいます。
そのため、英語を第二言語として習得して、独特のイントネーションや訛りのある人もいます。

ネイティブスピーカーではない人たちのやり取りは、初めは慣れなかったり、思うようにコミュニケーションが取れないこともありますが、慣れてくると問題なく会話が成り立つようになります。

せっかくカナダにいるからには、日本では出会えない多国籍の人たちとかかわってみてください

まずは、いろいろな人の英語に触れること

英語を第二言語として勉強しているからこそ通じ合えることもたくさんあります。

まちがってもいいから自信を持って話す

スピーキングで一番大切なポイントは英語を話すこと。
当たり前ですが、話さないとスピーキング力は上がりません。

でも伝わらなかったらどうしよう
何言ってるか分からないって笑われたら?

その気持ち、めちゃくちゃ分かります

私もカナダに着いたばかりの頃は、自分の英語がゴミレベル過ぎて全然自信が持てませんでした。

でも、自分では”ゴミレベル”と思っていた英語も意外と伝わるし、相手が理解してくれる経験を何度もしたことで、少しずつ自信を付けることができました。

失敗やまちがいを怖がらずに、まずは英語を話してみること

なかなか伝わらないことはあるかもしれませんが、理解しようと歩み寄ってくれる人たちが大勢います。

優しいカナダの人たちのおかげで私は自分の英語に自信を持つことができたと感じています。

自信を持って話すだけでで、声も大きくなって相手が聞き取りやすくなりますよ

ワーホリで英語をレベルアップさせるカギ

1年というタイムリミットのあるワーホリで、どれだけ英語をレベルアップできるのか。

そのカギを紹介します。

どれだけ英語を使って生活するか

やはり、英語は英語を使った分だけ伸びますし、成長も速いです

仕事で常に英語を使っていたり、周囲の友達や同僚とのコミュニケーションが英語だったりすると、一日の大半が英語を使った生活になりますよね。

最初は苦痛に感じていた英語漬けの毎日も、次第に慣れてくるとそれが当たり前になっていきます。

実は、英語を使うほど「これなんて言うんだっけ?」「あーこの状況をぴったり表現できる言葉が出てこない!」という葛藤を感じることも増えます。

この葛藤が英語が伸びている、成長している証拠!

英語を使っているからこそ気付く知らないことってたくさんあるんです。
黙ってテキストを見て分かった気になっていると気付けないこと。

だからもっと勉強しようとモチベーションも上がりますし、前まで出てこなかった表現がスムーズに出てきた時には嬉しくなります。

文法や単語の勉強も大切

一方で、文法や単語を勉強する基本的な英語学習も大切です
基本的な英語の知識がないとアウトプットできないですよね。

ワーホリでも基本的な英語の勉強は続けるのが、英語のレベルアップにつながる大きなカギです。

闇雲に勉強するのはちょっとモチベーションが上がらなそう
という人は、IELTSTOEICといった試験を受験してみてはいかがでしょうか

私は英語を勉強する明確な目標が欲しかったので、カナダでIELTSを受験しました

TOEIC受験経験ゼロ。
IELTSのことを知ったのはカナダに来てから。

という全く未経験の私がカナダでIELTSを受験した際のエピソードは別の記事で紹介しています!

実践IELTS英単語3500(音声DL付) | 内宮慶一, 吉塚弘 | 英語 | Kindleストア | Amazon
Amazonで内宮慶一, 吉塚弘の実践IELTS英単語3500(音声DL付)。アマゾンならポイント還元本が多数。一度購入いただいた電子書籍は、KindleおよびFire端末、スマートフォンやタブレットなど、様々な端末でもお楽しみいただけます。
公式TOEIC Listening & Reading 問題集 6 | Educational Testing Service |本 | 通販 | Amazon
AmazonでEducational Testing Serviceの公式TOEIC Listening & Reading 問題集 6。アマゾンならポイント還元本が多数。Educational Testing Service作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また公式TOEIC Listening & Re...

まとめ

初心者におすすめのカナダワーホリで英語力を上げる5つの方法や、スピーキング力を上げたい時のポイントなどを紹介しました。

せっかくカナダで1年間生活するなら、英語のレベルアップも目指してみてはいかがでしょうか。

ポイント

<ワーホリで英語力を上げる5つの方法>

1、いろいろな人と話す
2、街ぶらり旅をする
3、テレビのニュース番組を見る
4、NetflixやYouTubeなどをフル活用する
5、テキストや英語学習サイトなどで勉強する

<スピーキング力を上げたい時のポイント>

・ネイティブスピーカーにこだわらない!
・いろいろな国から来た人とかかわる
・まちがってもいいから自信を持って話す

<ワーホリで英語をレベルアップさせるカギ>

・どれだけ英語を使って生活するか
・文法や単語の勉強も大切

タイトルとURLをコピーしました